マトリックス4:ネオはどのように生きていますか?理論は、それがずっとオラクルの計画であったことを明らかにします

マトリックス4

マトリックス4: マトリックス4にネオが含まれていることは、彼が死んだマトリックスレザレクションの出来事の後に彼がどのように復活したのかという疑問を投げかけます。それはオラクルの壮大な計画でしょうか?

マトリックスは、人間が誤った現実に接続されている仮想世界を紹介しました。コンピューターシミュレーターの中に住んでいることに気づいていない人に加えて、プログラムとして知られている他の存在がありました。それぞれが独自の機能を持っていますが、マトリックス内に人間を保つという共通の目的で設計されています。

建築家はマトリックスの完璧さを追求するように設計されましたが、オラクルは人間の精神を理解して研究するための直感的なプログラムになるように設計されました。ただし、理論によれば、OracleはNeoを復活させることでより大きな目的を果たすことができます。



マトリックス4:ネオはどのように生きていますか?

MATRIX 4neoはライブです

マトリックスリローデッドでは、ネオはマトリックスの作成者として知られる建築家と対面します。彼は主人公に、彼は実際にはバージョン番号6であり、マトリックス自体が数回繰り返されていることを通知します。それぞれに異なる側面がありましたが、それらはすべて、1つの作成につながったコードに異常が含まれています。したがって、マトリックスの複数のバージョンと1つの複数のバージョンが存在するという前例があります。これらの他のバージョンが誰であるか、またはそれらがどのように見えるかを知ることはできませんでしたが、外観が事前に選択されているため、常にキアヌ・リーブスのように見える可能性があります。

さらに、OracleはNeoCookieも提供します。これは、ユーザーからデータを収集するWebサイトのインターネットCookieの視覚的なメタファーである可能性があります。これにより、Oracle-Neo理論がより重要視されます。

最後に、これは、オラクルがネオのカムバックに責任があるという事実につながります。これは、元の三部作とマトリックス4の間に強い結びつきを生み出すだけであり、馴染みのある領域に現代を定着させながら、まとまりのある物語を維持するのに役立ちます。