ファイナルファンタジー7リメイクパート2噂と新しいアップデート

ファイナルファンタジー7リメイクパート2GamesRadar

ファイナルファンタジー7リメイクパート2アップデート: ファイナルファンタジーVIIリメイクの第2部は、第1部よりも大きくなり、ミッドガルの境界外の地球のより多くをオープンワールドスタイルでカバーします。先月のFF7INTERmisson DLCは、シンアルティメットラのマテリアを盗もうとしている勇敢でありながら風変わりな忍者ユフィの立場にプレイヤーを配置し、ファンにこれからのことを味わってもらいました。

ファイナルファンタジー7リメイクの共同監督である浜口直樹によると、インターミッションは次のメインのFF7リメイクエピソードのプロットを構築します。ユフィと仲間のウータイメンバーのソノンのチームアップテクニックは、引き継がれる可能性のある要素の1つです。

ダージュオブケルベロス:ファイナルファンタジーVIIのワイスとネロによるカメオ出演など、より広いファイナルファンタジー7の拡張された世界では、FF7リメイクシリーズが進むにつれて浜口がさらに掘り下げることを意図しているいくつかの興味深い言及もありました。



一方、ファイナルファンタジー7リメイクの最初のエピソードでは、クラウドとその仲間はほとんどミッドガルに限定されていましたが、IGNとのインタビューで、浜口直樹は次の章が冒険する可能性があることを示しました。次のタスクは、宇宙の広大さを利用したゲームプレイを設計することです。次のエディションには、クラウドと会社がミッドガルを離れて領域を探索することが含まれると付け加えました。

浜口氏によると、FF7リメイクパート1は、シリーズの他の部分とは対照的に意図的に設計されたものであり、FF7リメイクパート2は、クラウドとその仲間が探索できるオープンな環境を提供する可能性があります。

ファイナルファンタジー7リメイクパート2噂

ファイナルファンタジー7リメイクパート2

インサイダーペーパー

浜口の発言は、元のファイナルファンタジー7のストーリーがどのように展開されたかと一致しており、ゲームの早い段階でミッドガルを脱出した後、プレーヤーのパーティーは大きな世界地図で迎えられます。これは、昨年4月の最初のファイナルファンタジー7リメイクパートで取り上げられ、拡張されたものです。 。

FF7リメイクのクリエイティブディレクターである野村哲也氏はまた、次のゲームでは、クラウドとクルーが悪意のあるセフィロスを追いかけながら探索するための設定がさらに異なると述べ、たくさんの自然の中を散歩すると述べています。

ナオキ・ハマグチの発言を信じるなら、ファイナルファンタジー7リメイクの第2部は、元のゲームのミッドガル中心の強調を考えると、ファンが予想したよりもはるかに幅広いゲームになります。

以前のファイナルファンタジーVIIリメイクのタイトルが、元のファイナルファンタジー7の営業時間に基づいて構築されていることを考えると、ファイナルファンタジーVIIリメイクのパート2が登場したときに、ミッドガルの国境の外の世界がどれほど大きくなるかを想像することしかできません。