進撃の巨人:諫山創が最後をお詫びし、8ページの新ページを約束

進撃の巨人のアップデート: シーズン4のパート2の終わりにアニメの終わりを発見するために2022年まで待つ必要がある場合、進撃の巨人の結論はすでにそのマンガ形式で知られています(フランスのピカ版によって公開されています)。しかし、その作者である諫山創は、完全に満足しているわけではないので、34巻(最後)を利用して数ページ拡張すると打ち明けました。
で公開されてから1か月 Bessatsu Shônen magazine 、進撃の巨人の終焉は人々にファンベースについて語らせ続けています。結論に満足していることを認める人々と、特定の創造的な選択を後悔している人々の間で、議論は激しさを増し、その作者である諫山創を無関心にさせません。

進撃の巨人:諫山創がファンを失望させたことをお詫びします

Attack on Titan Hajime Isayama
講談社(進撃の巨人のアカウントに引き継がれた)とのインタビューの中で、漫画家は彼の最終章へのファンの反応をたくさんフォローしたことを告白しました。そして彼はそれを隠しませんでした、否定的なフィードバックは彼にいくつかの後悔を与えました、彼はこの章を描いた方法が誤って解釈されたかもしれないと感じています。たとえば、アーミンは虐殺を承認しません。彼はそれを描いた方法がちょっと未熟/急いでいると思います。

彼の言葉によれば、進撃の巨人を締めくくる際に、彼自身がイベントに応えられなかったと考えているため、観客の失望を十分に理解しており、クライマックスは彼にとって非常に難しいステップであることに気づきました。彼はマンガでそれを適切に表現する方法を知らなかったことを後悔している。当時、彼がこの最後の章でみんなを満足させることができると思ったなら、諫山創は今日、いくつかを失望させて申し訳ありませんでした。



また読む: おでんが和野を奪還しようとしたときに何が起こったのかをワンピースが明らかにする

進撃の巨人の終わりが長くなります

最も人気のあるエンディングに対する過剰反応?可能。しかし、この誤解に直面して、マンガ家はすでに彼の結論を(わずかに)変える準備ができています。別冊少年マガジンは、進撃の巨人の最終章で最大51ページしか承認していませんでしたが、諫山創は、日本で6月9日に予定されている最終巻に8ページを追加する予定です。

驚くべき選択ですが、それは彼がその時に彼ができなかったものを描くことを可能にするでしょう。ただし、注意してください。新しいエンディングを期待しないでください。さらに、これらのボックスを介して、エレンのお父さんは、何よりもいくつかの穴を埋め、キャラクターの行動と反応に信頼性を与えるために、キャラクターの特定の反射を深める必要があります。